アヒル(家鴨)の肉も販売しています。

アヒルの肉と言えば、北京ダックのイメージが日本ではとても強いですが、タイでは日常的に食べられる肉でもあり、スーパーなどでも販売しています。タイと言えば、養鶏工場があり、日本の最大の鶏肉の輸入国でもあります。

タイ風のラーメンであるバーミーは、豚肉のチャーシュー、鶏肉チャーシュー、牛肉、アヒルを具としており、屋台で食べることが可能です。

臭みが強く皮しか食べない印象がどうしても北京ダックでアヒル肉に定着しています。しかし、これは広東式であり、北京式の北京ダックでは肉の部分まで食べます。実際はコクがあり、ジューシーなお肉でもあります。

また、タイでは高級な鶏肉だというわけではなく、一般的な価格で親しまれているものでもあります。

アヒル肉は、冷凍アヒルグリラーで1羽単位で販売しております。
当店では卸売りも行っております。タイ料理を提供している飲食店向けに卸売り価格も設定しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事へのコメントはありません。